辞めたい会社のブラックな特徴ランキング TOP10 / 最新版

辞めたい会社のブラックな特徴ランキング TOP10 / 最新版

辞めたい会社のブラックな特徴ランキング TOP10 / 最新版

 

辞めたい会社のもっている特徴トップ10をご紹介!
自分がが勤めている会社はいくつ当てはまるか、数えてみてくださいね。。!

 

第10位:上の指示がコロコロ変わり過ぎてヤバい

辞めたい会社ランキング、最初はこれ。「ん?さっき言われたことと全然内容が違うんですけど。。」こんな具合で、上司から命じられた指示が変わるなんて日常茶飯事ですよね。言われたとおりにやったことが、なぜか否定される。

 

ひどいときには、部下が独断でしたことなんで私は知りません、というような責任逃れをする上司もいます。ちょっと前に流行した半沢直樹でも、そいういった「保

 

身がすべての上司」の卑しさが鮮明に描かれていましたが、まさにあのイメージです。もし戦争で上の指示があんなにコロコロ変わったら、即死ですよ。

 

で、言う事はコロコロ変わるくせに、昔やらかした部下のミスはいつまでもネチネチと言い続けるなんてことも。タチの悪い上司は簡便願いたいですね。

 

 

第9位:お客様満足度を標榜してるのに、儲けがすべて!

辞めたい会社ランキング9位。
お客様のために。お客様の満足度を一番に考えて、、なんてこと言いながら「やってることはお客様目線どころか、おもいっきり会社都合じゃないかよ」。こんな気持ちを抱いたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

 

携帯の会社なんていい例ですよね。「明らかにスマホなんて使わないおじいちゃんおばぁちゃんに、やたらとスマホを進めてくる。」

 

そして絶対に、もう絶対にいらないオプションがなぜか付きまくり、あげくの果てになぜか2台目のケータイが店から出るときには袋に入っている。

 

もう、詐欺ですよね。詐欺。でもそんな会社が標榜しているのは「お客様目線」。

 

いやいや、やめてくださいよ。お客様目線じゃなくて「自分目線」でしょ。それか株主目線ですかね。

 

またそういった会社ほど「社内ではやたらと"お客様のために我々は何をするべきか"」みたいな小奇麗な会議や研修なんかが行われがちです。そりゃ社員もたまったもんじゃありませんよね。

 

それだったら、もういっそのこと「会社の利益のためには客の言う事なんて無視しろ!」という具合で、「如何に個客の要望やニーズを無視して、われわれの懐が潤う方法を編み出すか」みたいな研修をしてくれた方がよっぽど潔くて有り難いですよ。

 

第8位:●●ハラが横行しすぎて、もやは常識となっている

ハラスメントと言えば、セクハラ・パワハラが二大巨頭。程度にはかなり差がありますが、ひどいときは社員を退職に追い込んだり、最悪のケースだと自殺といった事件も有り得ます。

 

特に会社の規模が小さくなると、社長をはじめとした幹部連中が全員セクハラマシン(パワハラ機能付き)みたいなことも結構多いですからね。

 

入社前にそういう情報は入念に調べておくのが得策です。もし入った後に発覚したら、とにかくあらゆる手段を使って「泣き寝入り」だけはしないようにしたいですね。

 

 

第7位:同じ会社なのに、他の部署の奴らがまるで社外の人だ

同じ会社の人間なのに、なぜか他の部署になると「まるで社外の人」のように感じることってありますよね。

 

実際、部署を横断したプロジェクトなんかになると「部署が違う人と同じベクトルで業務をすすすめるのが非常に面倒くさい」という場合もかなり多いものです。

 

というのも、やはり部署によって「追いかけている指標」や「優先事項」が異なりますからね。ある意味仕方のないことかもしれませんが、やはり良い会社は「畑違いの部署の人でも、社の大きな目標達成のために、目先の部署の利益にならなくても協力してくれる」という風潮があります。

 

自分の会社の他部署の人は如何でしょうか?

 

 

第6位:できる奴ほど評価されない/残業するアホほど評価される

普通であれば、効率よくスピーディに業務をこなす社員の方が評価されて当然ですよね。

 

10の仕事を10時間で終わらせる社員より、10の仕事を6時間で処理する社員の方が評価されるべきです。

 

ですが、実際は違いますよね。ちんたらダラダラと仕事をしている奴の方が評価が高かったりする。いや、総じて高いです。
逆にさっさとやるべきことを片付ける社員は評価されづらい。

 

なぜか?まず第一に、「残業を長時間して働いている社員」は「お、あいつは遅くまで頑張ってるな。。!」と、アホな上司に評価されやすい。遅くまで残ることで番場ってる「感」が出てしまうんです。

 

逆に、ちゃちゃっと仕事を片付ける社員は「あいつは余力があるな。」と思われてしまう。そして事もあろうか「余計な仕事をおしつけられてしまう」はめになる。

 

こんな風にして、できない奴が評価され、できる奴がとことん損をするという歪んだ評価体制ができあがっていきます。

 

しかもデキル社員ほど、上司の言う事に反論したり、正論をつらつらと述べてしまう傾向にあるため、余計に上から評価されにくくなります。こうなると、やる気なんて根こそぎそがれますし、会社も辞めたくなって当たり前。

 

さらに、仕事ができない社員ほど、上の言う事に従順、ときますからね。上にはへこへこ、仕事はダラダラ。なのに評価される。意味不明ですよね。こんな風にして、「できる奴ほど評価されない/残業するアホほど評価される」という会社ができあがるというわけです。

 

世の中のデキル社員のみなさん、お疲れ様です。

 

 

第5位:会社が汚い・ボロい・寒い・熱い・臭い

特に女性社員が気にするポイントかもしれませんね。
夏場は特に、エアコンが効きすぎて真冬並みの格好をしている女性社員も見受けられます。それでいて横にいるおデブの男子社員からが汗臭かったりしますからね。寒いの臭いので、仕事ができたもんじゃありませんよ。

 

 

第4位:マニュアルなし。引継もなし。なのに即戦力扱い。

意外と多いのがこれです。やる事は結構複雑なのに、「どこにもマニュアルがない」。
それどころか「引継もない」。さらには「レクチャーもない」。極めつけは「あなたは即戦力!」とくる。

 

「...ハァ???」ですよね。いやいや、そんな期待されても何もできませんから。

 

 

第3位:サビ残が文化/家に帰れない/毎日始発・終電

過労死が取りざたされると話題になるのが「長時間労働の実態」。

 

ブラック企業の代名詞ともよべる特徴がこの問題です。残業代がきっちり出たとしても、毎日深夜残業をするのはかなり肉体に応えます。精神的にもきつい。ちゃんと残業代が出てコレですからね。

 

サービス残業で長時間残業、とダブルでくると相当な負荷がかかりますよ。一例をあげると、Webデザイン等のクリエイティブ職、SEや大企業の基幹部署などが該当しますね。

 

デカい企業は残業代が出る分まだましですが、中小零細のブラック残業は、本当にやばいですよ。

 

 

第2位:目標/ノルマがアホみたいに高い

人間は「できるかどうかギリギリのところ」が一番能力ややる気が発揮されるといいます。
実際そうやって、手が届くか届かないかのラインを目指してスキルアップや自己啓発をすることで、効率的な自己成長ができるというのは脳科学の分野でも明らかになっている。

 

ところが、アホな会社となると「2億パーセント無理な数字が、なぜか平然と目標として掲げられる」。こんなのが日常茶飯事です。去年がこの数字だから、今年はこれくらいイケるだろ!て、いやいやちょっと待ってください。去年は今年と一緒なんですか?市況も環境も何もかも結構かわってませんか?なのに目標は「去年がこうだから、今年はさらにこんだけ上乗せ!えいや!」って。そりゃちょっと乱暴でしょうよ。

 

もちろん、企業が存続する為には常に成長をしないといけないことは当然です。

 

株主を喜ばせて金を集めるには、成長が不可欠。とはいえ、アホみたいな目標が掲げられたところで「無理」ですから。であれば、環境や状況を加味した「現実的かつ少し高い目標」を設定した方が、よほどモチベーションも高まり、社員の生産性も会社の利益もあがると思いますよ。

 

 

第1位:給料がクソ安過ぎて笑える

辞めたい会社ランキング、堂々の1位はこれ。当然の結果といえばそうかもしれません。

 

なぜなら、「働く」イコール「生活をするため」だからです。やりがいだの、自己成長だのと言いながらも、やっぱり一番重要なのは「生きていくために」食べていくためには仕事をしなければならない。

 

その根本に何があるかというと「収入」。要はお金がいくらもらえるのかという話です。

 

激務や長時間労働、人間関係のストレスも「高い給料が保証されている」ということになればまだ我慢もききます。
ですが、給料が安いとなると話は別です。まったく違ってきます。年収1000万円あっても、「それほど裕福さを感じない」という人がいるくらいですからね。

 

平均年収は400万円少々ですから、もう世の中の大半の人が「給料が安過ぎる」と感じても仕方のないことかもしれません。お金がすべてでは決してありませんが、やはり働く以上は「それなりの代価」を頂戴したいものです。




 ♪ あわせて読みたい記事 ♪

仕事辞めたい「絶対に人には言えない裏の理由4選」がリアル過ぎる

仕事を辞めたい理由の中でもダントツで多いのが「人間関係の悩み」。上司や同僚、関連部署、取引先と、他人との関わり合いなしに...

≫続きを読む

仕事を「まさかの初日で辞めたい」と思わず感じてしまう職場ベスト8

8位:初日なのに放置プレイ初日で仕事を辞めたいと思わず感じてしまう職場、第8位は「放置プレイ」。何か仕事内容を教えてもら...

≫続きを読む

なぜ9割の日本人は仕事がつまらないと感じて辞めたいと思うのか?(7つの理由)

1.大人なのに公然と「怒られる」少々過程でパートナーから怒られるという機会を除けば、基本的に大人になれば誰かから怒られる...

≫続きを読む

辞めたい会社のブラックな特徴ランキング TOP10 / 最新版

辞めたい会社のもっている特徴トップ10をご紹介!自分がが勤めている会社はいくつ当てはまるか、数えてみてくださいね。。!第...

≫続きを読む


トップメニュー 人気の記事ランキング 管理人情報・相談窓口