私が仕事を辞めても「給料が10倍以上ある」たった1つの理由

私が仕事を辞めても「給料が10倍以上ある」たった1つの理由

 

これ以上お金はあまり要らない。収入は今のままで十分。

 

もしそういった場合であれば、こちらの記事はお役に立てないため、その他の「思考法」等の記事で多様な情報を提供していますのでそちらをご覧下さい。

 

逆に、金銭的な部分で多少なりストレスを抱えている、という方はこちらの記事で大きなヒントを得ることができるはずですから、是非最後までチェックしてみてください。

 

 

社蓄時代の4年半前

辞めたい。

 

もし許されるのであれば、明日からでも仕事を辞めたい。

 

そう思わない日はありませんでした。

 

 

でも、いきなり会社を辞めることなんて絶対できないですよね。

 

30代、40代であれば家族や将来のことを考えると、怖くて他の道へ進むことなどできるはずがない。

 

20代だって、転職はできるとはいえ「キャリアアップ」どころか、9割以上の確率で給与や待遇は大きく下がってしまいます。

 

 

とはいいながらも、「会社を辞めたい」という意思は日に日に強くなり

 

一方で「辞めるわけにはいかない」という、相反する思いもどんどん高まっていく。

 

 

結果「どっちつかずの自分」に対して「焦り」や「苛立ち」「失望感」を抱えてどうしようもなくつまらない毎日を送るはめになってしまう。

 

 

かく言う私も、約4年前はまったく同じ状況でした。
今でこそ収入も、月収ベースで300万円を下回る月はありませんし、ストレスも全くない。
ですが当時は仕事に行く、たったそれだけのことが苦痛で仕方がなかった。

 

「こんな奴隷みたいな人生を、何で歩んでるんだ?」

 

そう思いながらも、どうすればいいのか分からず 何もできないでいました。

 

 

現在

 

もちろん、今は違いますよ。

 

こうやって「昔の自分のような立場にいる人を、1人でも会社の奴隷から開放するために」地味ですがあれこれ活動をするようにもなった。

 

 

ですから、まず1つお伝えしておかないといけないのは「なぜ私が奴隷を抜け出すことができたのか。」という話ですよね。

 

私自身、自分だけの力でここまで来れたわけではないので、それが自分に課せられた責任だとも思っています。

 

 

ただし、始めに重要なポイントをおさえておいてください。

 

それは「センスがあるかどうかを確かめておく」ということ。

 

 

絵を描くセンスや、球技や水泳のセンスと「全く同じ」です。

 

 

こうなると「何のセンスを見極めるのか?」という話になりますよね。

 

 

センスの有無を確認すべきもの。

 

それは「買う、売るの2択のセンス」。

 

いわゆるFXというやつです。

 

 

といっても「さぁみなさん一緒にやりましょう」みたいな馬鹿な話をしているわけではありません。

 

やるべきはあくまで「センスがあるかどうか。」の確認。たったそれだけのことです。

 

 

もちろん私も言葉自体は以前から知ってはいましたが、どうせギャンブルに過ぎないものだと見向きもしていなかった。

 

 

 

ところが、今ではFX無しで生活をしていくなんて絶対に無理。たまたま職場の後輩がやっていたのがきっかけでしたが、その話はまた後ほど。

 

実際何をするのかというと、ご存知の方も多いと思いますが
「上がりそうだったら買う」、「下がりそうだったら売る」というたったの2択。

 

スマホ1台で、パズドラやツムツムみたいなアプリでゲーム感覚でできますからね。

 

 

小学生でもできる子はできるでしょう。(センスがあれば)

 

 

実際、毎月の収入のうち200万円以上はFXから。使うのも親指1本。使う時間も数分〜30分くらいです。

 

 

この月は調子が良く利益は600万をこえていますが、大体は300万前後で推移しています。

 

仕事の合間や、通勤時間、休憩などいつでもどこでも、スマホアプリでできる。
こんな効率の良いものは他にありませんよね?(ただしクリエイティブなことをしたい、という人はつまらないですが。)

 

 

 

ですが、やっても駄目な人はいつまでたっても駄目。

 

でも逆に、できる人は、おもしろいくらいにできる。

 

 

だからこそ、ちゃんと自分にセンスがあるのかどうかを、まずは試す必要があるんです。

 

 

絵を描くことも、スポーツだって同じですよね。
できる人はとことんできるのに、できない人はどうがんばってもできない。

 

私の場合、たまたまそのセンスあったというだけの話です。

 

 

なので、センスがあるかどうかの確認くらいは絶対にやっておくべきでしょう。

 

よほど今の生活に満足しているとか、現状を変えたくないんだ、という場合は別ですが。

 

 

少なくとも「今のままじゃ自分の人生やばい」と思うのなら、「センスがあるかチェックをする」ということくらいはやってみて損はないですよね。

 

重要なポイント

 

ただし、ここでポイントなるのが「センスがあるかどうか試すだけなんだから、キャッシュバックを利用して実質タダでやること。

 

 

要は、完全にリスク無しで「センスの有無」を確認するということです。

 

スポーツや芸術のように、もしあなたにセンスがあればそのままやればいい。
無ければキャッシュバック分の金額で即終わる。

 

ただそれだけの話です。

 

 

ついでに「会社はどこを選べばいいですか?」という質問をよくいただくのでお答えしますが、今であれば、ローラのCMでも有名なDMM。国内口座数も2016年時点で国内NO.1。ここ以外の選択肢はないでしょう。

 

なんといっても唯一20,000円という高額キャッシュバックをしてくれますし、その他の条件もずば抜けて高い。当然申込み手数料やら何やらという初期コストなんて必要ありませんよ。

 

逆に、外為証券とかSBIといった他の有名どころは、キャッシュバックも低くアプリの使い勝手もすこぶる悪いのでアウトです。

 

欠点があるとすると、「最初に元種とする5万円の振込ができないと申込みすらできない」点でしょうか。(他も同じですが。)
それと、スマホが無いという人も厳しいですね。(PCがあれば問題なし)

 

ですから今手元に5万もありません・スマホもPCもありませんという人は残念ですがセンスの確認すらできません。

 

 

逆にもしスマホかPCを持っている・5万円なら大丈夫、という方は5分程度あれば申込みできますからね。
駄目だったときは、また元の口座にお金を戻せばいいだけの話です

 

もしセンスがあるのに何もしなければ、この先何千万円、何億円といった収入を得られる機会を損失することになりますから、センスのチェックくらいは絶対にしておいたほうがいいですよ。

 

 

 

 

なぜセンス試すことになったのか?きっかけとなった出来事

それではなぜ、距離をとっていたFXのセンスがあるかどうかを試すことになったのかをお伝えしておきます。
それは、同じ会社に今も勤めている後輩との出会いがきっかけでした。

 

どう見ても冴えない、凡人オーラがぷんぷん漂っているその後輩の自宅が、やたらと「華美」。

 

都内一等地の高層マンションの2LDK。

 

家具もCassinaやB&Bといった高級家具ばかり。
うちの会社の給料では絶対に手が届かない生活ですよ。

 

 

そして、部屋のゴージャスな雰囲気とまったく釣り合わない、その凡人オーラ丸出しの表情で見せられたのが「スマホの画面」。

 

そこで見た、たった3分ほど時間ほど、自分の人生にインパクトを与えたものはありませんでしたね。

 

見ているのはスマホの画面なのに、大自然の絶景を眺めているような、そんな不思議な感覚です。

 

 

使っているのは右手親指一本だけ。最初に「買う」を押したら「売る」を押す。

 


この例だと、58,960円の利益ですね。

 

 

今度は逆の例。
「売る」を押したら「買う」を押す。

これだと84,800円の利益。

 

こういった単純作業を3分ほどの間に、4〜5回ほど繰り返していました。

 

 

何かの間違いか?

 

 

しばらくリアクションらしいリアクションがとれないまま、舌先を口の中でぐるぐると回しながらおそるおそる彼に聞きました。

 

「これは、自分でもできるのか」と。そして「リスクは無いのか」と。

 

 

ふんふん、といった感じで、少し目を細めながら漂々と答えが返ってきました。

 

「できますよ。リスクはありますけど。」

 

。。ん。やっぱりか。でもなんでじゃぁそんなに利益が出ているのか。と質問を返しました。

 

 

「どんなプロ野球選手でも打率が3割あれば年収2億、3億は稼げます。それと同じです。あと、努力はいりませんから。」

 

その言葉が、何を意味するのか。

 

 

私にも並みの人間レベルの思考力と感覚はあったつもりなので、すぐに理解できました。

 

野球と同じように、FXの世界も「3割打者でも十分。十分すぎる。そして同時に、それは努力よりも才能がものを言う話」だということです。

 

なんせやるのは「買う」か「売る」の2択です。上がりそうだったら買えばいいし、下がりそうなら売ればいい。
たったこれだけ。

 

なので、センスが無い人は絶対にはまってはいけません。
逆に、センスがある人にとっては、負ける人の意味が分からないでしょう。例えば、水泳が得意な人にとって、金づちの人がじたばたと水に溺れてしまう意味なんて分からないのと同じです。

 

 

 

そして、いくつか質問と返答をやりとりした中で「負けてる人は、損失をさっさと確定することができないんですよ。
逆に利益はささっと確定しちゃうんですけどね。」ということも淡々と喋っていました。

 

さらに極め付けに言われたのは「これは、一生かかっても克服できない人もいますからね。

 

これができるかできないかは、その人の性格とか生まれもったものが影響するので、とりあえずそのセンスみたいなのがあるかないか見てみたらどうですか?」という言葉でした。

 

そんなこんなで、とりあえず自分にそのセンスがあるかないか位ならチェックしてみるかと、口座を開くことになったんですね。

 

開いたのはDMMではなく「マネックス」でしたが、その理由は「キャッシュバック」。

 

今は12千円に減額されてしまっていますが、当時は2万円のキャッシュバックがありました。
どうせなら2万分ポチポチと取引して「万が一駄目でも2万ー2万で損はしない」。無駄な金は絶対に払わない主義でしたしたから、こういったスタンスでトライしたわけです。

 

もちろん、こうやってFXで人生を変えることができたという話をしているわけですから、先にあげた「センスなるもの」は多少なりもっていたということはお伝えするまでもありませんよね。

 

 

簡単に言ってしまえば、ツムツムやパズドラをするのと同じような感覚。たったそれだけで金を稼げるんですよ。

(私の場合、FXよりツムツムの方がはるかに難しいですが、これもひとつのセンスのせいかもしれません。)

 

 

重要なので繰り返しますが、ただひとつ問題があるとすると「肝心のそれをやる人間に、センスがあるかどうか」。

 

そして断言できるのは、そのチェックくらいはやっといた方がいいということです。

 

バラエティ番組を見てだらだらと30分過ごす時間があれば、自分に一生を変えるかもしれない可能性があるかどうか、せめて確かめてみる位するべきだと思いませんか?

 

 

世の中には主婦や学生でも、1日で10万や20万円を儲けている人がそこら中にいます。

 

 

一方で、全然勝てない人もいる。

 

水泳や球技、絵を書いたり、笑いのセンスとまったく同じで「その人にセンスがあるかどうか」がすべて。

 

 

もし自分にセンスがあっても、それを使わなかったらもったいないですよね?

 

 

何でもそうですが、センスがあるかどうかなんて、やってみないとわからないんです。

 

買うか、売るかの2択だけしかないから「生まれたセンスがどうしても出てしまうんです。」

 

だからこそ、勝てない人はずっと勝てない。逆に負ける人は、ずっと負け続けてしまう。

 

 

 

そしてもうひとつは「センスがないと分かったら、さっさと辞めてしまう」。これも大事。

 

もし絵を描く才能がない友人が、画家を目指そうとしたら「間違いなくとめますよね?」それと同じです。

 

 

その後

結局私はその会社を辞めることになりましたが、その後輩は今でも勤めています。

 

彼は私と部署も違い、それなりに人間関係にも恵まれてるようで、はたから見たら会社に行く必要なんてないほどの収入があるのに何でわざわざ、と思われているようです。

 

まぁ価値観は人それぞれですし、一日中スマホで金をチャリチャリと稼ぐのも退屈といえば退屈ですよね。

 

彼の場合は「金融の主戦場は欧米が9:00〜になってから。日本時間でいうと夜の方が値動きがあるのでやりやすいんです。だから昼の仕事はまぁ、暇つぶしに近いかもしれません。」ということ。

 

また、私が教わったように職場でも何人かには同じようにFXを薦めているようですが、その「センス」なるものがあったのは4人。
伝えた人の数は十数人だったようなので、50%には届かない数字ですね。

 

ただ彼が素晴らしいのは「世の中にはできる人と、頑張っても無理な人がいる」ということをしっかりおさえている所だと思います。

 

FX会社も、0円で口座を開けるのに何で20,000円といった高額のキャッシュバックをしているのかと言うと、「センスも何もない人間なのに、ずるずるとカードローンを組んで負け続けてくれる」ということを期待しているわけですから。

 

 

そんな思惑にはまってはいけません。まずはちゃんと「自分に向いているのかどうか」をしっかり見極めることが何より大切だということですね。

 

 

 

PS:センスが「無い」という人でも「そのセンスの代わりにある●●を取り入れる」だけで勝てるようになる可能性を高める方法もあるにはあります。
が、結論から言うとコストが約3万必要ですのでそれが問題ないという方はコチラから気軽にお問い合わせくださいね。

 

その他、口座は開設したけどやり方をいちから教えて欲しいという人もお気軽に連絡ください☆普通に無料セミナーみたいなのに行っても馬鹿高い教材買わされるだけですから注意して下さい。

 

本当に稼いでる人はそんな教材やセミナーでお金をとる必要ありませんから。なぜなら、そんなお金1回売買すれば即効で戻ってきますので。他にも、仕事の悩みなんかの相談でも良ければどうぞ☆

 

 

 

 

 




 ♪ あわせて読みたい記事 ♪

あなたが仕事を辞めたいのは甘えなのか!? 5つの質問に答えて簡単甘え度チェック

「自分って本当に自分に甘いな。。」誰でも一度はこんなこと思ったことありますよね。「毎日思ってる!」という人もいるのではな...

≫続きを読む

仕事辞めたい!。。けど絶対言えないという人が取るべき4つの行動

「こんな仕事辞めたい!辞めてやる!」と言いながら、誰にも気持ちを打ち明けられない。或いは、友人には言えるけど会社の人には...

≫続きを読む

アパレル店員に仕事を辞めたい人が絶えない7つの理由がエグい

何となくきらびやな雰囲気もあり、「アパレル店員になりたい」と夢見る若年層も少なくないアパレル業界。ですが実際、アパレル店...

≫続きを読む

【仕事が辛い】 仕事が辛過ぎて辞めたい状態を「たった1日で楽にする」3つの方法と...

「仕事なんて辛くて当たり前だ。辛いからこそ、その先にある達成感があるんだ。」こういうスポーツ根性論を聞いていると、「あな...

≫続きを読む

旦那が仕事を辞めたい「緊急事態」に、妻が絶対にやってはいけない4つのこと

自分の旦那がまさか「仕事を辞めたい」という言葉を漏らすことになることなんて、普通は想像できませんよね。「え?。。なんで?...

≫続きを読む

仕事ができない!辞めたい、という人がおさえるべき4つのポイント

仕事をバンバンこなす人を横目に「自分はなんて仕事ができないんだ。。」と気をふさぎ込んでしまうと、どうしても仕事に行きたく...

≫続きを読む

私が仕事を辞めても「給料が10倍以上ある」たった1つの理由

これ以上お金はあまり要らない。収入は今のままで十分。もしそういった場合であれば、こちらの記事はお役に立てないため、その他...

≫続きを読む

仕事から逃げたい時に思い出すべき4つのこと 【仕事辞めたい人必見!】

「今やっている仕事から逃げ出すことができたら、どんなに救われるだろうか。」こんなことを思ったことがあるという人は、決して...

≫続きを読む

仕事辞めたい病の3つの不思議 | 実は誰でも15分で治せるって本当?

仕事を辞めたいという気持ちが積もっていき、いつの間にか発症してしまうのが「仕事辞めたい病」。でも、この仕事辞めたい病って...

≫続きを読む


トップメニュー 人気の記事ランキング 管理人情報・相談窓口