新卒3年説は真っ赤なウソ!【仕事辞めたい新卒必読の9ヶ条-その1-】

新卒3年説は真っ赤なウソ!「新卒3年で仕事辞めたい、は超危険」

 

新卒で入社した会社はとりあえず3年いるべきだと思われていますよね。
「とりあえず3年、の3年が過ぎました。」といったキャッチコピーも見かけるくらい、「新卒=3年間勤めれば大丈夫」という風潮が蔓延しています。

 

ですが、これを鵜呑みにしては非常に困ったことになりますから注意が必要です。というのも、「たかだか3年いた位で何か自分に付加価値が加わったかというと、全く違うから」です。

 

逆に、新卒3年説を下手に信じ込んでしまうと、せっかく過ごした3年間というそれなりに長い月日をも無駄にしてしまいかねない。ひいては、その後の人生プランさえ台無しになります。もし3年説を多少なり意識しているという人がいたら、本記事は要チェックです。

 

 

新卒3年目で辞めた若者に需要はない

正確に言うと「今いるところより上位ランクからの需要は無い」ということになります。
なんだかんだ言いつつ、世の中には会社という会社があふれかえっていますから、少なくとも「行く当てがどこにもない」という事態は、20代そこらでは起こりえません。行こうと思えば別にどこだって行けるわけです。

 

ただ、新卒3年社員には、次のように考えている人が少なくないのが現状です。あなたもこんなこと想った事ないでしょうか?

 

「3年間で培った様々な社会人としての基礎能力、●●という業界でのスキルを活かして、より可能性のある場所で自分の力を発揮していきたい。」

 

ざっとこんな具合の考え方です。

 

一見筋は通ってますし、こうやってアピール人は非常に多い。

 

 

でも、これが通じるのは「今いる場所より、ランクの下の企業や業界」に限った話です。それであれば別に3年じゃなくて、1年や2年そこらで辞めたっていいですよね。

 

でも実際はそうじゃない。

 

自分のステージをステップアップさせようという野心的な狙いがあることがほとんど。

 

にもかかわらず、そうやって「3年間の糧に、(よりランクが上の)恩赦で頑張ります」という思いはことごとく潰されるんですね。では、なぜ新卒3年社員がこんな目にあってしまうのでしょうか。

 

 

新卒3年目で獲得できる能力はほとんど"ゼロ"

厳しい研修も受けた。勉強もした。社会人としての常識や資料作成スキルも覚えた。社会の荒波にも揉まれた。学生の時には見えなかった色んな世界が分かった。私はこの3年で猛烈に成長した。さぁ、こんな私を採用して下さい!

 

およそこんな風にして、新卒3年社員の儚い「第二の夢」は散っていくんです。その裏側には何があるのか。それが「新卒3年目で獲得できる能力はほとんど"ゼロ"」という厳然たる事実。そもそも3年間という機関で手に入れることのできる能力など、(より上のランクの企業から見て)微塵も魅力なんてないということをおさえてなければなりません。

 

なぜ3年間では力がつかないのか

「おいおいちょっと待ってくれ。おれは3年でとてつもなくレベルアップをした。だから、新卒のときは叶わなかったところでも今なら手が届くはずだ」。

 

こう思う気持ちは分かります。
たしかにあなたは成長しるだろうし、3年前と見違えるほど進化を遂げているのでしょう。が、しかしです。
もうちょっと広い視野で周りのビジネスパーソンを眺めてみましょう。

 

「あなたが3年間、コツコツ身に着けてきたであろうスキルを持っている人なんて、そこらじゅうににゴロゴロいる」んですよ。

 

「入社2年目で営業成績1位をとりました!これなら自慢できるでしょう?」と言う人もいるかもしれません。もしそれが「某外資証券に代表するようないわゆるSランク級の営業で出した成果」であれば評価される余地はあります。(そんな力がある人なら社内に残るか独立の準備を進めることが大半ですが)

 

これはあくまでも一例ですが、実際はそんなことは普通は有り得ませんよね。よくて部門で何かのプロジェクトを成功させたとか、社長賞でどうのこうのとか、そんなところです。

 

ですがこれらすべて「上位ランクの企業で働いている"それなりに経験値のある諸先輩社員"から見れば、所詮ままごとの域を出ない」んです。もちろん大企業がすごくて中小が駄目とかそういう話ではありませんよ。

 

重要なのは、たかだか3年という期間の中で出した成果など、10年、20年、30年といういうスパンでスキルを磨き続けてきたビジネスパーソンから見れば、ひよっこの域でしかないということ。幼稚園児が「ぼくは自転車に載れます!」と高校生にアピールしているようなものです。現に、世でいう「働き盛り」って、40代ですからね。26歳前後の若者が如何に幼いか、ここだけ見ても明らかですよね。

 

3年で辞めてステップアップするためにはどうすればよいか

一言でステップアップといってもやり方は色々とあります。今いる企業よりランクが上の所へ行く。ランクを下げてもいいから、とにかくやりたいことをやってスキルを磨いて独立する。いやいやもう3年もやったんだから、速攻で独立する。或いは、バイトをしながら本気で夢を追いかける。こんな風に色んなステップアップのパターンはありますよね。

 

どの道に進むにしても共通して言えることは「3年働いたから周りはある程度評価をしてくれる」という甘い願望をもたないことです。もちろん、世の中「若者の力を求めている」4流、5流の企業、はたまたブラック企業であればいくらでもありますから、そういった所は「●●という会社で3年頑張った君の力を是非うちで活かしてくれ!」と歓迎してくれることでしょう。でも、それが自分の進みたい道なのかどうか。
もしそうでないのであれば、短絡的な判断は避けておいた方が無難かもしれません。




 ♪ あわせて読みたい記事 ♪

新卒3年説は真っ赤なウソ!【仕事辞めたい新卒必読の9ヶ条-その1-】

新卒で入社した会社はとりあえず3年いるべきだと思われていますよね。「とりあえず3年、の3年が過ぎました。」といったキャッ...

≫続きを読む

新卒が会社で輝けない6つの理由 「●●だから新卒が仕事辞めたくなる!」

「この会社に入ってからには1日でも早く仕事を覚えて、あわよくば若手トップ、最短で昇進できるように頑張ろう!」という思いで...

≫続きを読む

新卒で仕事を辞めたいなら、3年以内に死ぬ気で「人生の軸を作れ」

「自分は何のために生きているのか」「何をして生きていきたいのか」アンパンマンの歌に出てくるような、そんな単純な質問にすら...

≫続きを読む

キャリアアップは新卒には100 %無理? 辞めたい新卒が大量生産される本当の理由

キャリアアップという言葉を聞いて、どんなイメージを持ちますか?培った経験をかてに、より大きな企業・役職へと移ってゆき、収...

≫続きを読む

仕事辞めたい?転職サイトに踊らされる新卒社員の人生が9割オワル訳

テレビCM,電車広告、ネット上の広告。そこでやたらと見かけるのは「転職サイト」の訴求。見たことがある、あるいは実際に登録...

≫続きを読む

新卒の9割が仕事を辞めたい時に忘れてしまう「ある人の存在」とは?

新卒で意気揚々と就職した矢先、つかの間の高揚感はもはや完全消滅。とにかく仕事を辞めて他の道へ逃げることしか頭になくなって...

≫続きを読む


トップメニュー 人気の記事ランキング 管理人情報・相談窓口